ダンボールの黎明期

段ボールの発祥について考えて見たいと思います。その始まりはシルクハットでこの世に段ボールが生まれたのは、1856年の英国です。 シルクハットの内側に通気とクッションを兼ね備えた素材としてE.C.ヒアリーとE.E.アレンが特許を取得しています。包装材として使われはじめた段ボール
その後、米国で初めて包装材として段ボールが使用されます。 1871年、A.Lジョーンズが紙に段をつけただけの“繰りっ放し”の特許を取得をしました。わらやおがくずに替わる緩衝材として、石油ランプ等、ガラス類の輸送に使用されました。 1874年には、O.ロングが、段が伸びてしまうのを防ぐために、段の片側にライナを貼り合わせた“片面段ボール”を開発して特許を取得、びん、壺などの包装に使われ始めます。段ボールの発祥その始まりはシルクハットでした。この世に段ボールが生まれたのは、1856年の英国です。 シルクハットの内側に通気とクッションを兼ね備えた素材としてE.C.ヒアリーとE.E.アレンが特許を取得しています。包装材として使われはじめた段ボール
その後、米国で初めて包装材として段ボールが使用されます。 1871年、A.Lジョーンズが紙に段をつけただけの“繰りっ放し”の特許を取得。わらやおがくずに替わる緩衝材として、石油ランプ等、ガラス類の輸送に使用されました。 1874年には、O.ロングが、段が伸びてしまうのを防ぐために、段の片側にライナを貼り合わせた“片面段ボール”を開発して特許を取得、びん、壺などの包装に使われ始めます。