ダンボールの進化

これらのダンボールの歴史をふまえ、こののちに世界中で利用されている段ボール箱の登場があります。日本の段ボールの発祥については井上貞治郎が、綿繰り機をヒントに機械を自ら考案し、ボール紙に段をつけた“繰りっ放し”の製造に成功、「段ボール」と命名して事業を開始しました。段ボール箱の登場1882年、R.H.トンプソンが、両面段ボールを考案し特許を取得し、1894年には段ボールシートに溝切りと断裁を施した段ボール箱が初めて製造されました。その翌年には、ウェルズ・ファーゴ銀行が小口貨物の輸送用に段ボールを外装用として使用を始めました。1882年、R.H.トンプソンが、両面段ボールを考案し特許を取得し、1894年には段ボールシートに溝切りと断裁を施した段ボール箱が初めて製造されました。
その翌年には、ウェルズ・ファーゴ銀行が小口貨物の輸送用に段ボールを外装用として使用を始めました。前座の包装材としての段ボールは、主に米国で発展し、1800年代の終り頃には現在の段ボール箱の原型がほぼできあがりました。包装材としての段ボールは、主に米国で発展し、1800年代の終り頃には現在の段ボール箱の原型がほぼできあがりました。このような歴史的背景についてはほとんどしられることはないでしょう。そういったダンボールの発展についてかいまみることもおもしろいですよね。